わたしいろのまいにち

My color My Life

お金のこと

IMG_5757
お越しくださってありがとうございます。

今朝の母へのサプライズは大成功
とっても喜んでくれましたばんざーい
やきもちやきの父が嫉妬するといけないので、
この間業務スーパーで買ったクッキーを持って行ったら、
とっても喜んで、こちらも大成功?でした

さてさて、話はタイトルに戻ります。

昨晩私が苦戦を強いられていたのは、
そう、写真の通り投資。

45歳にして、投資初チャレンジです。

今の収入から老後の資金をためるのは、なかなか至難の業だと
ずっと悶々としていたのですが、

なにかひとつ始めてみよう

何か私でもできる良い方法がないか?と考えた時に、
目に留まったのがこの本でした。

試しに本屋さんで立ち読みしたら・・・

私でもイケそう

と感じ、即本を購入したのが先週の終わり。

一気に読んで、昨日手続きをしました。

私が始めたのはリスクが少ない投資積立。

ただただ銀行に預けていても利子は目に見えてますし、
今までは給料日にお金をおろして、
積立て用の口座に自分で入金していたのですが、
このやり方ですと忘れることがあったり、
意志の弱い私では、使ってしまいがち

なので、このスタイルを取りました。

実は、数年前から職場の確定拠出年金の運用を始めていて、
リスクが少ない投資をしているのにも関わらず、
なかなかのプラスが出てきたのもやる気になったきっかけ。

無意識ながら徐々に準備は始まっていて、
去年、家賃振込手数料をなくすため、
住信SBI銀行の口座を開設した時、
同時に証券口座も開設していたのです。
(ちなみにこの銀行開設で、月々420円の振込手数料節約)

その為、今回思い立ってすぐ取引申し込みが可能だったのでした。
本で薦めている証券会社の口座を持っていたというのは
本当に縁?としか思えませんでした。

当時は、そのことを教えてくれた友人に言われるがまま手続きを進め、
証券口座に関しては一年以上放置していましたが、
こうなると流れは出来ていたのかなという気もします。

本に書かれてある通りの投資を実践しただけなのですが、
やるとやらないでは、お金に対する向き合い方や考え方が、
違ってくるものだなと思いました。
始めたことにより、もっと知りたいという意識が生まれました。

株のようにリターンが多いわけではないので、
これでどのぐらいの成果が得られるかは未知数ですが、
とりあえずやってみようと思います。

でも、本当にこの手のことは無知なので、
昨日から、ウェブで証券会社に問い合わせをしたり、
普段使わない頭をたくさん使ってます。

手続き、本当に難しい!!わからない!

誰にも聞けないし教えてもらえないから、

プロにアホみたいな質問のメールを送る

プロから無機質ではありながら、
詳細を記した返事が来る

それを必死に解読して手続きを進める


この繰り返し。アホだろうと何だろうと、
わからないままうやむやで進めるよりはいい。
そういう感じでやってます。

一番苦手な分野のお話なので、うまく書けるかわかりませんが、
手続きについてなど、いつか私のようなど素人の方でもわかるように、
書いて行けたらいいかなぁなどととも思っております。

実践あるのみ。

これからちょっと楽しみデス。
やってるうちに、そっちの方の脳みそが開拓されたらいいな

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お越しくださってありがとうございます。

今年のふるさと納税の注文が終わりました。

今回も、ポイント狙いということもあり楽天で。

今年から色々規制が厳しくなって、前回よりはお得感が
薄れた感じもなきにしもあらずですが、
それでもなかなか良い組み合わせで注文できたと思います。

ちなみに今回は、長期保存が可能なものを中心で選びました。

例えばこのお味噌汁とか。





具とお味噌に分かれていてちょっと高級感もあります。
おかずが何にもない時なども良さそう。

あとはこちらの缶詰。




ツナ缶はいくつあっても重宝しますし、こういう素材にこだわったものは
普段使いには、もったいなくて手が出にくいので。
こちらも何もない時のご飯のお供にもなります。
一人暮らしはこういうのも重要。

ちなみに、前回は普段買わないような、ちょっと良い牛肉などを
頼んでみたのですが、冷凍庫が一杯になってしまったり、
意外と感動がなかったので、今回はこういったセレクトになってます。

本当は明太子が欲しかったのですが、去年の金額出しても、
届くのは半分以下の量になっていたのでやめました。

私は一人暮らしということと、収入の関係もあって、
そんなにたくさんの種類のものを頼めませんが、
それでも選ぶ作業はなかなか楽しいものです。

高収入の友人などは、ホテルのお食事券などを
こういった機会にチョイスして楽しんでいるようです。

ライフスタイルにあった、商品が選べるのも
ふるさと納税の楽しいところですね

またひとつ、やるべきことを終えられて、
ほっと一息ついている木曜の夜なのでした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お越しくださってありがとうございます。

昨日、もうひとつどうしても片づけたかった事。

それは、自動車保険の見直しと申込み。

もう10年以上同じ代理店にお願いしていたのですが、
年々保証は変わらないのに保険料も上がり、
一度ネット型にしてみるのも良いかと考えていたのです。

代替わりしてから、契約更新一つにしても、
不快な思いや納得がいかないことが多く、
事故が起きたときのことがやや心配だったのです。

予感的中で、同じ保険会社を利用していた母が、
今年事故を起こした時、ありえないほどのひどい対応で、
保険料がなかなか出なかったのです。

これじゃ、代理店の意味がない。
私は女なので、何かあったとき代理店を利用していた方が心強いから、
少々保険料が高くても・・・という想いがあったのですが、
今の事務所には任せられない。そう思ったのです。

親がそうだったので、私は免許を取得してから
車両保険に加入することはなかったのですが、
ここの所自然災害が多かったり、職場の車が保険に入っていない車に
当て逃げされて色々問題にもなり、保険の重要性を痛感したのもきっかけです。

車両保険に入らず、上のような出来事に遭遇した場合、今の私には
自己資金のみで、車両の修理やその他の経費を賄うのが厳しいので、
もしもの時の備えのため入っておいた方が良いと考えたのです。

そこで、保険料が安いというネット保険数社の見積もりを
試してみて、今回はソニー損保にしました。

保険料は今の保険内容に車両保険と
私は車がないと生活が厳しい土地に住んでいるので、
レンタカー特約もつけました。

それでも、今の契約内容で提示された金額に
プラス3000円ほどで済みました。

3000円で安心が得られるなら安いものですよね。

私も独り身ですし、両親も年老いていっておりますので、
こういうことはしっかりしておかないとと、今更ながら思うわけです。

遅いかもしれないけれど、やらないよりはよいかと。

もっと早く、こういったことに気づいていればと、
思ったりしますが、過去は戻ってこないので、
これから、よりよく生きるために何をするべきか
工夫を重ねていきたいと思う今日この頃なのです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村



綾瀬はるかちゃん、偶然続いてますが・・・

付録目当てでずっと探していた雑誌スプリング。
どこの本屋さんに行ってもなかったのであきらめていたのですが、
なぜかコンビニで発見
で、即買いです

リサラーソンのお金が貯まるポーチ。
IMG_2404
数年前からやはり雑誌付録のこの手のポーチを使い始めてから
通帳やカードのお金関係をこのポーチで管理しています。

ちなみにこれ↓が、2代目で今使っているサリースコットのもの。
表面に毛玉がついてきちゃったなぁと思っていたところだったのです。
お金のお家もリニューアルしたかったのでゲット出来てよかったぁ。
IMG_2407
こちらも通帳が三冊入ったり、収納力抜群だったので、
気に入っていたのですけれども、調べたらなんと2017年5月の付録でした。
やはり変え時ですね。

お金の管理が苦手なりに、こういうアイテムを使うと、
少しは気が引き締まるものです。←単純なので。

今回のリサラーソン版は、中に小分けの袋付き。
IMG_2405
これに一週間ごとのお金を入れて使うなんて方法もありそう。
私はどうやって使おうかな?

昨日のDVDといい、こういう衝動買いしていて貯蓄うまくいくのか?
って感じですが、今ある収入の中で楽しく管理して、
しっかり貯めて楽しむところは楽しんでいこうと思います。


応援ありがとうございます。
励みになります

商品が届いております。
缶詰セット。届いた日にひとつ食べてみましたがなかなか美味しい
思ったより一つ一つが小さかったけど
ホタテのアヒージョ、シャンパンと楽しみたいなぁ。

IMG_1669


発泡酒。これで安心して飲めます(笑)

IMG_1832

牛肉。鮮度が落ちないように真空パックで、美味しく食べるための
解凍の仕方まで書いてあってとても親切でした。
牛肉って使い慣れないので、どうやって食べるか思案中です。
IMG_1831





この三点は、いずれも大阪の泉佐野市。
取扱商品が幅広く充実していて選びやすかったです。
 






応援ありがとうございます。励みになっております。
今日もお帰りにぽちりとしていただけると嬉しいです


 

↑このページのトップヘ