わたしいろのまいにち

My color My Life

わたしが出来るまで

前回までのお話はこちら→⑩⑪

オープン前にしていたことと言えばブログの更新のみ。
ホームページを公開したからと言って、
すぐにお客様が来るとは思っていなかったのですが、
公開して数日後、ネイルの予約のメールが届きました。

あの時は本当に驚いて感動しましたし、
私のセラピストとしての毎日が始まるのかと思いました。

お客様は、地元の方で私の卒業したネイルのスクールの当時の顧客であった
宮沢りえさんのネイルに憧れていたという女性。
憧れていたサロンのお手入れを地元で受けられるなんて嬉しいと
そのメールに書かれておりました。
数回メールをやりとりして、ご予約を受けつけました。

ご予約当日私の自宅サロンに訪れたのは、まだ1歳になってないお子さんを連れた
美しい女性。(お子様連れと言うことは事前にご連絡いただいておりました。)

不思議な雰囲気を醸し出す美しい彼女は、
ティーン向けの当時有名だった雑誌の元モデルさんだったそう。

初めての爪の手入れに彼女は感動してくれ、彼女の赤ちゃんも交え
和やかで楽しい時間を過ごしました。

そして突然彼女は、驚くべきことを口に出します。

私には、霊感があります。
あなたはそれがわかる人だと思ったのでここに来ました


ネイルで来てくださったお客様の思いがけない発言に、
正直驚きました。

ですが、このような出来事はその後のお客様でも続いていきます。

そしてそういった体質が原因でその後自らの身に降りかかる出来事を
当時の私は知る由もありませんでした。



わたしのこと。こんなに長くなると何を伝えたいのか
わからなくなってきそうで心配ですが、伝えたいという想いがあり
始めたので続けていきます。私が伝えたいことがいつか伝わると良いのですが。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回までのお話はこちら→⑩⑪

私が選んだコスメの会社の社長は同じ歳の女性でした。
お会いするまでの間、お互いのブログなどで交流しておりましたので、
初対面と言う感じがしませんでした。
もちろん、会社の社長とマンツーマンでこんな形で会う機会など
人生でなかったので緊張はしましたが・・・。

ハンドトリートメントの施術を教えていただくお願いをしに行ったのに、
なんと社長の会社のプロダクトを、私のサロンで取り扱わないかと
ありがたいお話をいただいたのです。

かけだしの、成功するかもわからない私のサロンで、
お気に入りのコスメが取り扱えるなんて、夢のようでした。

ネイルとオーラソーマ、ハンドトリートメント。
そして、日本の植物で作られた質の良いコスメ。

サロンの柱とメニューが決まり、ホームページを作成。
ホームページを作るのも人生で初でしたが、
先輩セラピストのアドバイスをいただき、なんとか形になりました。
サロン専用の電話も準備。名刺は美大卒の友人に依頼しました。

ブログには、初めて来ていただくお客様に安心していただけるよう、
セラピストになる経緯など詳細に書きました。
(状況は違えど今とやっていることは同じですね。)
メンタルの深い部分に触れることでもあるので、
私がお客様だったら、施術者の人となりを知りたいと考えたからです。

サロンのオープン日も決定。ホームページも公開。

今思うと本当に無謀だと思うのですが、
集客はこのブログとホームページのみでした。

ホームページ公開時には、ちょっとしたトラブルがありましたが、
なんとか予定通りホームページ公開。
私のサロンがついにオープンしました。


わたしのこと。なかなか最近更新できませんが
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回までのお話はこちら→

もう私にはそれしか道はない。

自宅サロンを開業するときは、本当にそう思っていました。
今までの辛い道のりは、ここにたどり着くためにあるのだと。
そして、今度は自分が傷ついた人の心に寄り添うのだと。
今思うと、恥ずかしいお話ですが本当に当時はそう信じていました。

サロンを開業するにあたり・・・と言っても、
素人で、とりあえずやってみて軌道に乗ったら、
と言う今思うと甘い考えでしたので開業手続きなどはさておき。

とりあえず、サロンで提供するメニューを考えました。

それまでの、ネイルとオーラソーマでは少し弱いと感じたので、
どちらの施術と組み合わせても相性の良い、ハンドトリートメントを
メニューに取り入れることにしました。

そうするとハンドトリートメントの施術を学ばなくてはなりません。
肌が弱い私は、施術に使うプロダクトも重要な要素でした。

そんな時、ある癒しサイトでコスメのサンプルに当選します。
使用した瞬間、直感で『これだ!』と感じました。

すぐにそのコスメのサイトを見に行くと、
なんとプロダクトを使ったハンドトリートメントを推奨していて、
社長からその施術を伝授していただけるとのこと

すぐにメールをしたところ、お返事をいただき、
社長に会いに行くことになりました。



わたしのこと。なかなか最近更新できませんが
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回までのお話はこちら→

休暇中に友人に勧められ、一度精神科を受診しようと思ったことがあります。

精神科に電話するとなんと2ヶ月待ち。

世の中にはこんなに心を病んでいる人がいるのだと知り、衝撃を受けました。

その時私が思ったのは、

それならば私がセラピストになって、困っている人たちを助ける

ということ。
今思うと、自分も病んでいるのに信じられないことなのですが
本気でそう思っていました。

当時は、人生で起きたこと、会社を辞めざる終えない状況になったのは、
自分にセラピストとして生きるという使命があると信じ切っていましたので、
どこかに再就職をするという発想が全くありませんでした。
ですので、体調の回復を待ち、自宅サロンオープンに向けて準備を開始。

まずは重くなった体をどうにかしようと、毎日7キロのウォーキングや
運動を始めます。

その他起業セミナーに通ったり、ホームページの作成、
自宅サロンで提供するメニューを考えたり・・・。

オープンに向けて精力的に活動を始めると、どんなに運動しても
全く落ちなかった体重がどんどん落ちだしました。

一気に7キロの減量に成功(笑)

人のカラダってすごいものだと思いました。






なかなか最近更新できませんが
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

んー。なかなか慌ただしくなってきて、このシリーズ書く余裕が
最近とれません。が一週間ぶりの更新です。
そしてうまく書ける自信がないですがよろしかったら・・・。

前回までのお話はこちら→



有休消化の期間は、思うように体調は戻りませんでした。
ところが、退職した瞬間から体はみるみる回復。

体調の回復を待って、同僚や後輩が送別会を開いてくれました。
さすがに部署の送別会は避けられなかったのですが、
とにかく仕事などのストレスが原因だったので、そういった会は
気心ゆるせる人からのお誘いだけを受けました。

その時点でも、両親には退職を切り出せていなかったのですが、
職場でずっとお世話になっていた、女性常務が食事に誘って下さり
そのことを話した時、母親にだけは話すべきだと諭されました。

その後母に話すと、母は娘の異変に気付いていました。
意外なことに、「長いことよく頑張ったね」と一言だけ言ってくれて、
体調が回復するまで、父にはこのことを伏せようと言ってくれました。

母に話せたことで少し気持ちが楽になり、本当の意味での休養の日々が
始まりました。

初めての一人旅もこの時経験しました。

長いこと食べられなかった反動で美味しいものを食べまくり、
7キロ以上体重が増え、人生最大体重を経験したのもこの頃。

それまでの服は着られなくなったりきつくなったりでしたが、
その時はそれをまだ自分にゆるしておりました。

ハローワークに通い、失業保険をもらって日々何もせず暮らす。
この何もしていない時期の旅行以外の記憶が消えているのは、
本当に無の時間だったからなのかもしれません。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

↑このページのトップヘ