わたしいろのまいにち

My color My Life

カテゴリ:わたしのこと > わたしが出来るまで

前回のお話はこちら→

前回の引き寄せに続き、今回も前を向いて歩きだした私に起きた
奇跡のようなお話。
辛いことも多々ありますが、同じぐらい素敵なギフトもいただいてます。



40歳を迎え少しした頃、かつてセラピストデビューをさせていただいた
サロンのオーナーのブログを久しぶりに訪れてみました。

お世話になったものの、その後の私自身の失敗などもあり
疎遠になっていたのです。

久しぶりに彼女の活動を見ると、なんと写真家としての活動を
始めているではないですか
多才な人だとは思っておりましたが、まさか苦手分野であった
写真の世界で活躍を始めているとは、驚きました。

そのブログには、人間を被写体として撮りたいので
モデルのモニターを募集すると書かれてありました。

自分の好きな服を何パターンか持ち込み、無償で撮影してくれるというのです。

ええかっこしいの私は昔から写真に写った自分が嫌いで、
(不細工だから 笑)今もカメラを向けられると逃げるほどなのですが、
彼女には撮ってもらいたいと強烈に思いました。

なぜなら彼女は私の良い面も悪い面も、ダメなところも見ているからです。
彼女にならさらけ出せる。写真嫌いを克服できるはず。
そう思いました。

迷うことなくモニターに応募。
久しぶりの連絡に彼女と、私がかつてカウンセリングをさせていただいた
彼女の娘さん(やはりカメラマン)は大喜びして下さり、
すぐにフォトセッションの日程が決まりました。

当日、当時お気に入りだった服を数着持ち込み撮影。

久々の再会に不思議な緊張感と喜びをかみしめつつ、
衣装を変えながら、数百枚の写真を撮ってもらいました。

1週間後、写真が仕上がったと連絡がありました。

意外なことに、写真の中の私は自信に満ち溢れた顔をしていました。
とても強い目をしていたのです。
仕事もお金も失い、よからぬものにとりつかれ、
一度は生きる力さえ失いかけたり、職場では強烈なパワハラに遭い
ボロボロなはずなのに。

この時、それでも歩んできた道は間違いなかったのだと思いました。
そしてそのことが嬉しくて涙が溢れました。
辛かった日々は私に力をくれたのでした。

写真を撮ってもらったことで、自分の人生を肯定することが出来ました。
本当に撮ってもらってよかったと思いました。

素晴らしい写真が出来上がっただけでも幸せなことなのに
奇跡は続きます。

実は彼女、写真のホームページを作っていたのです。
でもまだそのページは未公開。
なぜなら自己満足だからと、私に見せてくれたのです。
彼女は私に見せてすぐ削除するつもりだったらしいのですが、
あまりにも素晴らしい出来だったので、公開するべきだと強く勧めました。

すると公開してすぐに、とある印刷会社と彼女の師匠から個展のオファーが。
私の写真も飾られることになり、個展のモデルデビュー。
そして、写真集も作られることになり、写真集デビューも
果たすことになったのです。

この信じられない展開に、人生って本当に面白いものだと思いました。

ダメダメ人生を送ってきたと思っていた私が、写真の被写体に
そして、その人生初、プロに撮ってもらった写真が個展に展示され
写真集にもなる。

そしてこの写真は、その中でも特別な一枚になりました。
IMG_3234
撮ってもらうと決めた時、真っ先に浮かんだこのコーデ。
スカートは、母が若かりし日に履いていたミニスカートです。
これは展示用のモノクロ写真ですが、実際は赤いバラ柄のスカート。

20歳の時母から譲り受けてから、大切に持っていたものです。
当時は私服として来ておりましたが、
さすがに20年も過ぎてしまい普段使いに着る勇気はなかったので、
これはちょっとしたチャレンジでした。

ですが、結果この写真がベストショットに。

正直見せるまでは、何を言われるかドキドキしていたのですが、
母は、この写真を本当に喜んでくれました。
自分が若かりし日にオーダーで作った自慢のスカートが
数十年の時を経て、日の目をみたのはもちろん、
言ってみれば、母の作品の塊のような写真ですからね

所謂親孝行とは違う形かもしれませんが、作品となった写真を見て
大喜びをしてくれる母を見て、少しはそれっぽいことが出来たのかなと
思いました。

人生色々ありますが、こういうご褒美的な出来事があるから、
なんとか楽しく生きていられるのだと思います。

この写真を撮って早5年。
今の私はどんな表情をしているのかな?

節目の今年、記録写真を撮ってもらうのもよいかな?
と思う今日この頃です。





再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→

今日はセラピスト復活時に起きた引き寄せの話。



復活を決めた時、オーラソーマは転換期に入っており、
私が使用していた、25mlのボトルの生産が中止になっておりました。
その時点で我が家のボトルは、カウンセリングに必要な
100本以上あるボトルのうち、20本以上が不足しておりました。

ボトルは高額なので、金銭的に考えても、
すべてのボトルを補充するのは厳しい状況。

どうしようかと思いながらも、とりあえず手持ちのボトルで
セッションを復活することを心に決めました。

そんなある日、友人と前から気になっていて、なんとなく行けなかったカフェに
行ってみました。

そこは以前、地元で唯一オーラソーマのセッションを提供していたお店。
オーナーにも様々な転機があり、その空間はカフェに生まれ変わっていたのでした。

共通の友人がいたこともあり、オーナーとはすぐに意気投合。
楽しい会話とカラダに良いスイーツをいただき至福の時間を過ごした帰り、
オーナーが袋に何かを入れて持ってきました。

それは、オーラソーマのボトルでした。それも20本近く。
「私はもう使わないから」と持たせてくれたのです。

オーラソーマのサロンとして営業をやめてから数年以上が経過しており、
セラピストの出入りも多いであろうそのカフェ。
当時の施術者を含めオーラソーマのセラピストもいたはず。

けれどオーナーは、そのボトルを私に託してくれたのです。
思いがけない出来事に、胸がいっぱいになりました。

この復活は正しい選択だ。
オーナーが自分にそうしてくれたように、私も私の出来ることを
提供しなくては。そう思いました。

ボトルをいただき家に帰る途中、早速友人からセッションをしてほしいと
申し入れがありました。

帰宅して早速ボトルをセッティングしすぐセッション。

なんと彼女は、オーナーからいただいたばかりのボトルの中の1本を、
今自分に必要なボトルとして選びました。
ボトルは使う人のために生まれてくると言われていますが、まさに。
通常は購入していただくボトルですが、そんな特別な日だったので、
セッション代のみをいただき、彼女にボトルをプレゼントしました。

そんな形でボトルは補充されたものの、オーナーからいただいたボトルは、
家にあるものと被っているものもあり、それでもなお10本近くのボトルが
不足していました。

とりあえずいいか・・・と思っていたところ、今度は関西の友人から
連絡が入りました。

英国でホメオパシーやヒーリングも学び、スピリチュアルなヒーラーでもある彼女。
地元のサロンでセッションをしてもらったものの、腑に落ちないので、
そのセレクトボトルを使って、私にカウンセリングのやり直しをして欲しい
との依頼でした。これもまたすごいタイミング。

カウンセリングを終え、近況を交え話をしていると、
彼女のセッションをしてくれたプラクティショナーは、
近々オーラソーマを手放すため、ボトルを割引価格で販売しているとのこと。
私の近況を聞いた友人は、彼女に一度交渉してみたらどうかと、
連絡先を教えてくれたのです。

鳥肌がたつようなタイミングとありがたいお話だったので、
すぐに彼女にメールを送りました。
すると、すぐに返事が届き、喜んでお譲りしますとのこと。
しかも、一般に割引している価格よりさらに値引き、
送料もいらないとのこと。

信じられないほどのありがたいお話に、
天のサポートを感じずにはいられませんでした。

素晴らしい流れと、多くの人、見えざる存在の協力を経て、
プラクティショナーとしての復活が実現。

ご予約も次々といただき、平日は仕事。
休日はセッションと充実した日々が始まりました。



再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→



なじみのカフェで月に1回開催されるそのマルシェには、
飲食、癒し、さまざまなお店が出店しておりました。

私が出かけた時は、カラーセラピー、パワーストーンのアクセサリー
ネイルのお店など、私になじみのあるブースが多くありました。

長いこと避けていた世界でしたが、その時は客観的に
その世界に触れてみたいと思うようになっていました。

出店されていたカラーセラピーは、私が学んだオーラソーマをベースに
作られた簡易的なセラピーでした。
日本に存在する多くのカラーセラピーは、オーラソーマの影響を受けており
そのツールも然りでした。

やり方は違えど、色に対する認識はほぼ一緒。

そういえば、それより前に友人が、やはり別のカラーセラピーを学んだからと、
ツールを持って家にやってきた時も私は難なくそのツールを使い
セラピーが出来ました。

大きな投資をしましたが、それなりのものを身に着けていたのだと、
少し安堵したのを覚えています。

客観的に色の世界に触れることにより色の奥深さ、
自分が学んだツールの素晴らしさに改めて気づかされる経験をしました。

そしてもうひとつ、マニキュアのブース。
今ではメジャーとなった胡粉ネイル

そのブースでは、当時ではまだ珍しかったその胡粉ネイルを扱っていました。
当時は、それほどメジャーではありませんでしたが、
爪に優しく、塗ってはがすことの出来るそのマニキュアの存在を
私も知っており、とても興味があったのです。

サロンを出していたのは、乳がんを患い、療養中のオシャレが
女性の癒しになると体感し、退院後ネイルを学んだというネイリストさんでした。

病気の人にも優しいネイルを・・・という想いから、
胡粉ネイルを扱うことにしたとのこと。

同じマニキュアリスト、そして形は違えど病気やケガにより人生を
考えさせられた者同士。すぐに意気投合しました。

そして、自分と同じ痛みを持った人たちに笑顔を取り戻したいという
彼女を見て、私もこの世界に戻らなくてはと思ったのです。


そしてこの時の彼女たちとの出会いが
セラピストとしての復帰のきっかけとなりました。



再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→

ダメな恋が終わった後の私のお話。



その恋が終わった後、私は外を歩くのが怖くなりました。

小さい子供連れの夫婦を見るのが辛かったからです。
彼自身が家族を連れた姿を見るのも怖かった。

とにかく、幸せそうな子供連れを見ると辛くて涙が出る。

別れた後はさほど引きずらない私ですが、この時は本当にだめだった。
彼や相手方を恨む気持ち、そして悲しみ。

ことの経緯を知っていた友人にも会えなくなりました。
自分が情けなくて。

セラピスト友人がたくさんいましたから、彼女たちの力も借りつつ、
私がその時に頼ったのは、友人から紹介されたフラワーエッセンスでした。

友人紹介のカウンセラーは、地に足のついたカウンセリングをする方で、
初めてカウンセリングを受けた時は、その素晴らしさに感動しました。

自分もカウンセラーの端くれだったので、このようなアプローチがあるのか?
などと、カウンセリングを受けながら同時に授業を受けているような
感覚もありました。

誰にでも訪れうる、起きては欲しくない出来事は、
過去に受けた傷やトラウマが原因だったりします。

オーラソーマと一緒で、フラワーエッセンスも深いところの、根本的な傷を
癒していくツールです。修復しては、また浮き出てきた傷を修復し、
その地道な作業の繰り返し。

結局1年半ほど、お世話になりました。

当時オーラソーマを否定しながら、
困った時に頼るのはこういったツールによる癒しや治療。

その時は別物だからとなんの疑問も持ちませんでしたが、
今思うとちょっとおかしいです。

でも基本。そういったツールが好きですし、信頼感も高いのだと思います。

フラワーエッセンスは、今は医師から処方を受けて続けていますが、
やはり良いツールだと思っています。
今の病院でも通院しながら、勉強してる感じ。

お金と時間があれば自分で処方できるよう、勉強したいぐらいなのです。

そんな感じで1年以上の間ふさぎ込んでおりましたが、何とか立ち直り
友人とも再会することが出来ました。

再会した時、友人を避けてしまったことと、すべてを知っている人に
会うのが恥ずかしくて情けなかったことを告げると、
友は泣き出し、「情けなくなんかない。何も悪いことしてないのに。」
と言ってくれました。
二人で大泣きしたのは、今となっては本当に友のありがたさを知った
良い思い出です。

セラピストとしての復活の兆しが見えたのもこの頃。

恐らくファミリーも多いであろう、そのイベントに思い切って出かけた時
その出会いはありました。


再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→

ダメな恋のつづきのつづきの続き。

実は今日は、5年前私が彼との決別を決断した日です。
なぜこの日を選んだかと言えば、誕生日の一ヶ月前だったから。
誕生日前にどうしてもケリをつけたかった。
うっかり切りよく1か月前にしてしまったがために
逆にこの情けない恋を毎年思い出すことになってしまったわけだけれど、
意図したわけでもなく、この結末を書くタイミングが
今日に重なったというのもなにかひとつの節目を感じます。

なので今日書き上げたいと思います。
長文になりそうですがよろしければお付き合いください。




終わった・・・と思いつつ、
長年彼を待ち続け、想い続けていた私はそう簡単にあきらめたり
割り切ったりすることなどできずにいました。

民間のDNA鑑定などを調べ、彼に提案をしてみたりもしました。

ですがダメでした。
仮に自分が生物上の親でなくても、親になる。
親のいない子供はかわいそうだと。
そういう覚悟だと彼は涙声で語りました。

感傷に浸ってバカなことを言っていると私は思っていました。

彼への怒りと同時に、相手の女性と女性の両親に対し激しい憤りを感じていました。

自分の娘のいい加減さが起こしたことでもあるのに、
それを反省したり注意することもなく、相手にすべてを押し付ける。
娘を守りたい親心なのかもしれないけれど、私には理解できなかった。

何よりも辛く悲しかったのは、なぜ自分がこんな思いをしなくては
ならないのかと言うこと。
ただひとりの男性を一途に真剣に想っていただけなのに。

彼は当事者だから責任を負ったり辛い思いをするのは当たり前。

なぜだまし討ちをしたような彼女が、結婚して子供も産み、
家庭を持つことも出来、すべてを手にいれられるのか?

悔しいのは、その当事者の中の誰一人、
私のような存在がいると知らないこと。

私がこんなに苦しんで、毎日泣き続けているのに、
この事実を誰も知らないという理不尽さ。やり場のない怒りと悲しみ。

情けなくて友人にも話せなかった。

彼は、これからも関係を続けたいと言いました。
男女ではなく、一人の人間として関わっていきたいと。
僕はずっとあなたに救われていた。失いたくない。
これからと思っていた時にこんなことに・・・

バカだと思った。だったらなんで他の女と。

自分が出来ることはやりきった。
ボロボロになった私は、彼に別れを告げました。

冗談じゃない。これで終わり。
一切連絡しないで。

彼はなにも答えませんでした。けれどその後、
そうは言ってもやりきれない思いを最後の言葉として送ろうとしたら、
彼の電話もメールアドレスも使えなくなっていました。

心は傷ついたまま。想いは残したまま。
長い恋があっけなく終わりました。

その間もサポートしていてくれたヒーラーメンバーもこの出来事には
絶句していました。

その道で多くの人に信頼を得ていて、地に足のついたリーディングをしていた
彼女たちとは、顧客として知り合いになりながら、同じ道を歩むものとして、
その時はもう友人のように付き合っておりました。

証明する術はなくても、彼女たちのたちの能力は今も本物だったと
私は思っているし、その時、そしてその後の彼女たちの
献身的なサポートには感謝しかありません。

ではなぜそんなことが起きたか?
これはもう、学びのひとつかと。

自分の人生を、人の判断にゆだねすぎていた私への罰かと。
反省しましたし、その道に携わるものとしての教訓となりました。

もちろんその時はボロボロで、自分が相手に寄り添う側に戻ろうなどと
夢にも思っていませんでしたが。

以上が、ただただ自分が悲しく、情けなかった、
痛すぎる40歳の失恋でした。

あくまで彼からの話だけで、真実はわかりません。
彼に私に対する愛情があったか確かめようもないですし、
本当は彼は彼女が好きで一緒になっただけかもしれない。
読んだ人が、占いと自分の妄想を信じただけの痛い女だと思うのも重々承知。
だって誰より自分がそう思うもの

ヒーラー気取って人に恋愛アドバイスなんかしたって、
自分の恋愛はこんなザマです。ちゃんちゃらおかしい。
というか、ごめんなさいです。

今思えば、意味不明の恋だった。
貴重な三十代の終わりをこんな恋に費やしてしまうなんて。
恋とは本当に恐ろしいもの。


その後、数年に渡り知らないメールアドレスから毎年誕生日に
バースデーメールが届きました。

送り主は恐らく、その責任とやらをしっかりとって、
安堵したであろう彼から。


傷が癒えきってないその後の数年は、今となっては吐き気がしそうな
そのメールにさえすがるような気持ちがありましたが、
何回目かの誕生日、

今後メールをするなら名を名乗ってください

と私が返信をすると、その後メールが来ることはなくなりました。

ヘタレめ。

今となっては、汚点でしかない残念な恋愛。
こうしてネタにはなっているけれど、いまだにその傷はしくしくと痛む。

恋をするたびよみがえってくる。
もう二度とこんな思いしたくないと。

けれど、負け惜しみでもなんでもなく、
彼を選ばなくてよかったと思っています。

だって、どう考えてもダメだろうこんな男

だからもし今、うまくいかなかった恋に傷ついていたり
相手に未練がある女性があったらはっきり言いたい。

それで正解。さっさと次に行こう。

ありきたりかもしれないけど、これが真実。
経験者は語るです。

それにしても私はなぜこんな自分のバカをさらすような話
書いてるんでしょうねー
でもなんかすっきりしたわ



再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

このページのトップヘ