わたしいろのまいにち

My color My Life

カテゴリ: わたしのこと

前回のお話はこちら→

ダメな恋のつづきのつづきの続き。

実は今日は、5年前私が彼との決別を決断した日です。
なぜこの日を選んだかと言えば、誕生日の一ヶ月前だったから。
誕生日前にどうしてもケリをつけたかった。
うっかり切りよく1か月前にしてしまったがために
逆にこの情けない恋を毎年思い出すことになってしまったわけだけれど、
意図したわけでもなく、この結末を書くタイミングが
今日に重なったというのもなにかひとつの節目を感じます。

なので今日書き上げたいと思います。
長文になりそうですがよろしければお付き合いください。




終わった・・・と思いつつ、
長年彼を待ち続け、想い続けていた私はそう簡単にあきらめたり
割り切ったりすることなどできずにいました。

民間のDNA鑑定などを調べ、彼に提案をしてみたりもしました。

ですがダメでした。
仮に自分が生物上の親でなくても、親になる。
親のいない子供はかわいそうだと。
そういう覚悟だと彼は涙声で語りました。

感傷に浸ってバカなことを言っていると私は思っていました。

彼への怒りと同時に、相手の女性と女性の両親に対し激しい憤りを感じていました。

自分の娘のいい加減さが起こしたことでもあるのに、
それを反省したり注意することもなく、相手にすべてを押し付ける。
娘を守りたい親心なのかもしれないけれど、私には理解できなかった。

何よりも辛く悲しかったのは、なぜ自分がこんな思いをしなくては
ならないのかと言うこと。
ただひとりの男性を一途に真剣に想っていただけなのに。

彼は当事者だから責任を負ったり辛い思いをするのは当たり前。

なぜだまし討ちをしたような彼女が、結婚して子供も産み、
家庭を持つことも出来、すべてを手にいれられるのか?

悔しいのは、その当事者の中の誰一人、
私のような存在がいると知らないこと。

私がこんなに苦しんで、毎日泣き続けているのに、
この事実を誰も知らないという理不尽さ。やり場のない怒りと悲しみ。

情けなくて友人にも話せなかった。

彼は、これからも関係を続けたいと言いました。
男女ではなく、一人の人間として関わっていきたいと。
僕はずっとあなたに救われていた。失いたくない。
これからと思っていた時にこんなことに・・・

バカだと思った。だったらなんで他の女と。

自分が出来ることはやりきった。
ボロボロになった私は、彼に別れを告げました。

冗談じゃない。これで終わり。
一切連絡しないで。

彼はなにも答えませんでした。けれどその後、
そうは言ってもやりきれない思いを最後の言葉として送ろうとしたら、
彼の電話もメールアドレスも使えなくなっていました。

心は傷ついたまま。想いは残したまま。
長い恋があっけなく終わりました。

その間もサポートしていてくれたヒーラーメンバーもこの出来事には
絶句していました。

その道で多くの人に信頼を得ていて、地に足のついたリーディングをしていた
彼女たちとは、顧客として知り合いになりながら、同じ道を歩むものとして、
その時はもう友人のように付き合っておりました。

証明する術はなくても、彼女たちのたちの能力は今も本物だったと
私は思っているし、その時、そしてその後の彼女たちの
献身的なサポートには感謝しかありません。

ではなぜそんなことが起きたか?
これはもう、学びのひとつかと。

自分の人生を、人の判断にゆだねすぎていた私への罰かと。
反省しましたし、その道に携わるものとしての教訓となりました。

もちろんその時はボロボロで、自分が相手に寄り添う側に戻ろうなどと
夢にも思っていませんでしたが。

以上が、ただただ自分が悲しく、情けなかった、
痛すぎる40歳の失恋でした。

あくまで彼からの話だけで、真実はわかりません。
彼に私に対する愛情があったか確かめようもないですし、
本当は彼は彼女が好きで一緒になっただけかもしれない。
読んだ人が、占いと自分の妄想を信じただけの痛い女だと思うのも重々承知。
だって誰より自分がそう思うもの

ヒーラー気取って人に恋愛アドバイスなんかしたって、
自分の恋愛はこんなザマです。ちゃんちゃらおかしい。
というか、ごめんなさいです。

今思えば、意味不明の恋だった。
貴重な三十代の終わりをこんな恋に費やしてしまうなんて。
恋とは本当に恐ろしいもの。


その後、数年に渡り知らないメールアドレスから毎年誕生日に
バースデーメールが届きました。

送り主は恐らく、その責任とやらをしっかりとって、
安堵したであろう彼から。


傷が癒えきってないその後の数年は、今となっては吐き気がしそうな
そのメールにさえすがるような気持ちがありましたが、
何回目かの誕生日、

今後メールをするなら名を名乗ってください

と私が返信をすると、その後メールが来ることはなくなりました。

ヘタレめ。

今となっては、汚点でしかない残念な恋愛。
こうしてネタにはなっているけれど、いまだにその傷はしくしくと痛む。

恋をするたびよみがえってくる。
もう二度とこんな思いしたくないと。

けれど、負け惜しみでもなんでもなく、
彼を選ばなくてよかったと思っています。

だって、どう考えてもダメだろうこんな男

だからもし今、うまくいかなかった恋に傷ついていたり
相手に未練がある女性があったらはっきり言いたい。

それで正解。さっさと次に行こう。

ありきたりかもしれないけど、これが真実。
経験者は語るです。

それにしても私はなぜこんな自分のバカをさらすような話
書いてるんでしょうねー
でもなんかすっきりしたわ



再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→

ダメな恋のつづきのつづき。

書けば書くほど情けなくなる(笑)
が・・・ドラマを感じる。←バカ



一睡も出来ないまま出勤した日。

私は職場で、異動を命じられました。

それは、前代未聞の異例な人事。
この背景には、私が受けていたパワハラがありました。

見かねた上層部が強硬手段をとってくれたのです。

強硬手段をとってくれた上司は、幹部クラスの突然の退職により
急きょ幹部に抜擢された人で、元は私がいた部署の直属の上司でした。

同じ事務所で、ひどい扱いを受けていた私を見かねてのことでした。

ちなみに、この時助けてくれた上司に、その後私はそれ以上のパワハラを受け
最近まで苦しめられるというオチがあるのですが、この話はまたあとで。


こんな悲惨な状況の時に、職場ではこんな願ってもない出来事が
奇跡的なタイミングで起きている。

悪い時はすべて悪い方に進んでいくが、今回は違う。
だから、この出来事にも希望があるかもしれない。

そう思いました。

が・・・

その後、彼から彼女の家であった出来事の報告があり、
現実を受け入れざる終えないということを聞かされました。

全てを諦めきった彼は、腹をくくったと言い、
きちんとすべてを話したいから、私に会って欲しいと言いました。
会ってその後に、旅に出ると。←やっぱりバカ

どうしても会って話がしたかったので、約束の時間を決めました。
短い時間の中で、何とか彼を引き留めるすべはないものかと
必死に考えていました。

しかし事態は急変します。

彼から会えなくなったと電話が来たのです。
なぜなら、彼女の両親が彼の家に向かっていると。
それはあまりにも突然のことで、その時両親に今回の説明を一切していなかった彼は、
パニックを起こしていました。

もうこれで本当に終わりだと思いました。

一本の電話後、家に押しかけられた彼のご両親と彼は
なす術もなかったようで、いわゆる「責任」をとると決めたのでした。



再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→

ダメな恋のつづき。



想定外の展開に動揺が隠せない私は、彼にメールや電話をし続けました。

と言っても、こんな時でも理性を保とうとするので一日に何度もとか
そういうことはありませんでしたが・・・
年上の女の見栄みたいなものもあったのかもしれません。

ある夕方、やっと彼と電話がつながりました。

電話に出た彼の声は、明らかに憔悴しきっているのがわかるほど
弱った声でした。

何かあったのかと問うと、彼の口から信じられない言葉が。

酔った勢いで一度関係を持った女性が妊娠してしまった。
今まさに、その女性の家に呼ばれて向かうところだ。

と・・・。

人生色々あったけど、久しぶりの強い衝撃に打ちのめされました。

突然崖に突き落とされるとはまさにこのこと。

俺はどうしたらいい?

どこまで無神経な男なのか・・・
一番ショックを受けている私に、何を言ってるんだ?
辛く悲しかったし、腹も立ちました。

それでもなんとか平静を保ち、今まさに修羅場に向かおうとしている彼に
経緯を聞きました。

彼曰く、自分の子供かどうかもわからない。
酔っていて確実に関係をもったかもわからない。

それから彼女と会うことはなかったが、3か月ほどたって、
突然呼び出され、子供が出来たからと言われた。

その日のことを確認し直し、付き合っていたわけではないので、
今後のことを話し合おうとしたけれど、彼女には中絶の意思はなく、
とにかく、子供の親になることを要求してきた。


とのことでした。

確信犯だ・・・。

そう思いました。彼女の相手が彼か別の男性かはわかりません。
ただ、そうなることを彼女は計画していたのだ。
明らかに彼女は中絶出来ないタイミングで彼を呼び出してこの話をしている。

私は彼を失いたくなかったので、必死で止めました。
自分でない可能性があるならば、そこをまず追及するべきだと。

彼は銀行にあった自らのお金をすべて降ろし、彼女の家に向かっていました。
なんとかそのお金で解決できないかと考えていたようでした。

妊娠は一人ではできない。
相手にも同じ責任があるはずなのに。

彼の弱さと優しさにつけこまれたのだと思いました。
こうなったとき、彼が逃げられない人間だというのを
彼女は見抜いていたのだと思います。

とにかくご両親に会ったらおしまいだ。
今日はなんとか引き返すよう説得しましたが、
とりあえず相手に気持ちがないことを伝え、軽率な行為を詫び、
理解してもらうつもりだからと、電話を切りました。

それからの私はもう放心状態。

何が起きたかわけもわからず、眠れぬ一夜を過ごしました。




再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

前回のお話はこちら→

前回からずいぶん経ちましたが、なかなか書く気になれなかった
ダメな恋の話を書いてみようと思います。

40歳ごろの派手な失恋話です。



転職後もパワハラで苦しんでいた私。

そんな中、例のお祓いのきっかけになった男性との恋愛も
微妙な雰囲気になっておりました。

わたしと彼は恋愛関係にはなっておりませんでしたが、
当時の私は割とスピリチュアルどっぷり。

なかなかいわゆる男女の恋愛関係に進展しない間柄について、
自らの感覚とスピリチュアルなリーディングに頼っておりました。

彼はもともと前職に出入りしていた業者の人間で、
7つ年下で人懐っこい彼とは、あっという間に意気投合しました。

彼が私に好意を持っているのは周囲から見ても明らかで、
冷やかされたりもしましたが、当時の私はさほど興味はなく。

ただ、彼は美しいタイプのイケメンだったので悪い気はしておりませんでした。
その後、男女にありがちな色々な出来事があり、私も結局彼に好意を抱くことに。

ですが、もともと住んでいるところが遠かったこと。
彼の転職と転勤が重なったこともあり、電話は毎日のようにあるものの
会えない日々が長く続いておりました。

今思うと、その時点で想いが足りないというか縁がないような気もしますが。

なかなか進まない恋愛に、終止符を打つべきか?
でも彼からは必要とされていて、いずれは一緒になる。
そんな感覚もありました。

なので、当時信頼していたヒーラーに自分の感覚を確かめるべく相談。
彼女たちの見解も一緒だったので、二人の結びつきを信じていました。

そんなある日、突然彼が会いに来たのです。
やっと休暇が取れたので会いに行くと。

先祖へのお墓参りを済ませてきたという彼は、
いつもよりなにかとてもまじめで、これからのことについて語り出しました。
この未来に自分はいるのだ。
あぁやっと、始まるのだ。これまでの想いが報われる。
心から安堵しました。

ところが、その日を境に彼との連絡が一切取れなくなりました。



再生の日々をつづります。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

IMG_2766
仕事の後、ちょっと気晴らしにお出かけしたい気分だったのですが、
お野菜の買い出しに直売所に行った後、揚げたてのコロッケとメンチを買って
実家に届けようと電話をしたら、両親が風邪をひいているとのこと。

元気そうではあったので、揚げ物に追加してお夕飯用に両親が大好きな
地元でなじみの巻きずしとおいなりさんも買って行くことにしました。

10年以上風邪らしい風邪をひかなかった両親が、
今年は人生で初めてインフルにかかり、治ったら今度は風邪だなんて。
そういう私も、もう何年レベルで風邪などひいたことなかったのに、
去年から今年にかけて二回ひいてますから、今年はどうしたことか?

でも二人とも食欲はあり、届けた揚げ物やお寿司を喜んで食べてくれました。
届けた甲斐があったわー。ちょっといいことした気分

朝の冷え込みは、相変わらずですが昼間は春を感じる日差しと暖かさ。
実家の福寿草も綺麗に咲いておりました。
IMG_2767
春はもうすぐですね



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

このページのトップヘ