SNOW_20220119_185420_666
お越し下さってありがとうございます。

今日は、母の通院日でした。

今回の検査で異常がなければ、
今の病院への通院は終わりで、
この後はかかりつけの病院で薬をもらって
治療を続ける形になります。

一緒に行きたい気持ちもあったのですが、
母が私が仕事を休むのを気にしていることと
体調も良さそうなので、今日はタクシーで
行ってもらうことにしました。

それでも、一人で病院に行くと緊張したりして、
大事なことを聞き忘れる可能性もあると思い、
今日病院でお願いしなければならないことを
メモにして、母に持たせました。

帰宅すると母からメールが入っており、
電話をするとすごく弾んだ声で
検査は全く異常がなかったことと、
病院でやることはもれなくやってこられたと話してくれました。

先生のお墨付きもいただいてますし、
ホッと一息つけました。

脳梗塞は生活習慣病と言われてるそうですが、
性格習慣病とも言って、完璧主義の人などに
起きやすい疾患のようです。

母は季節問わず午前2時ごろから起きていて、
目覚めから1時間ほど深夜ラジオを聴き、
4時半には起きて洗濯、その後料理をし、
友人と散歩を終えるのが6時半という、
信じられない生活を送っており、
加えて父から与えられる日々のストレスも抱えていたので
起こるべくして起きた脳梗塞だと思いました。

入院前は、どんなにその生活習慣を見直すように言っても
大丈夫の一点張りで聞く耳さえ持ってもらえませんでしたが、
今回の入院で、当たり前の日常のありがたさに気づいたらしく、
今後は生活を改めると言ってくれました。

元気だった母が脳梗塞なんて、
本当にショックな出来事でしたが、
母がこれからの生活を見直すのに
よいきっかけとなりましたし、
私自身にとっても不謹慎なようですが、
色々な意味で良い経験となりました。

これを機に、私も無理ない形で
両親をサポートしていけたらと思っています。

誰にでも平等に老いはやってくる。

現時点家庭を持っていない私が歳をとったら?
などと考えさせられる経験でもありました。

ま、自分のことはケセラセラってことで。

とりあえず一息つけたので、
今日はビールで祝杯をあげました。

久しぶりのお酒。
自分を労いながらしみじみいただきました。

本当に普通の生活ってありがたい。

今回のありとあらゆる面からのサポートに感謝して
明日からまた頑張ろうと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村