お越しくださってありがとうございます。

今日はあくまで個人的見解ですので、はぁ?ってなった方は
速攻スルーされてください。

NHKで先日首都圏直下地震の特集をやった翌日から、
毎日のように地震が続いております。

番組はじめ、そういった類のニュースはほぼ見ないので
断層など関連性が全くない地震ということしかわからないのですが、
この地震、人々の不安や恐怖が呼んだものじゃないかなって
ちょっと思っています。

不安や恐怖の想念が、そういう現実を呼ぶというのは、
昔からよく聞く話です。そして、ポジティブな想念が
それらの破壊のエネルギーを縮小させるということも。

このブログでも書いたことがあるかもしれませんが、
そういう予兆がある時こそ、平和な今に感謝して、
しっかり出来る限りの備えはする。

その考え方はずっと変わっていません。

先日の台風の時もそうでした。
今日も、東日本大震災の時を思い出しながら、
明るい場所で安心して自分の家で湯船につかれることが
本当に幸せでありがたいなと思いながらお風呂に入っておりました。

最近地震がほとんどなかったですから、今回の地震によって、
たまりにたまったエネルギーが分散されている可能性もありますから
一概に悪いとは言えませんが、必要以上の恐怖を持っても
良いことはない気がします。

だって今は平和に暮らせているのですから。

地震だけではなく、凶悪なニュース、気分が悪くなるような、
ずるい人たちのニュース。そういうものは、なるべく目に入れず
私は生きています。見てしまうと、憤りも感じるし、
無意識に恐怖や不安をくみ取ってしまうから。

油断するとすべてを自分のものとして受け入れてしまうのでしんどいのです。

そして、日常生活に支障が出てきます。

ひとりの人間をとっても、エネルギーひとつで
こういうことが起こりうるのですから、
地球規模でも充分ありえることだと私は思うのです。

不安なニュースは不安を呼び、
凶悪なニュースは凶悪な事件を引き起こしかねない。
だってそういうヒントを与えているようなものだから。

現実は色々あるし、色々なものが存在する。
伝えるべき厳しい現実もあるかもしれない。
だからすべてきれいごとでは済まされないとは思うけれど、
むやみに人をかき乱すような情報は最小限であってほしい。

そう思います。

今日も心から今日の平和に感謝します。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村