わたしいろのまいにち

My color My Life

2019年12月

IMG_5959
お越しくださってありがとうございます。

今日は、毎年恒例の義肢制作のためお江戸へ。

一年ぶりの再会とは思ないねーと言いながら、
みんなで和気あいあい。(義肢作りに行ってるんだけどね 笑)
なんせもう10年以上。従業員の人より長く会社を見ているので。

今年は新社屋も完成して、会社も15年。
メディアにも度々登場。
そして今年は大河ドラマのスタッフとして参加。

彼は引き寄せの法則をその法則など意識せず
素で実践している、私が知りえる唯一の人。

次は何をやらかしてくれるのか楽しみです。

ちなみに写真は、行くとついつい買ってしまう、
たなかの柿の葉寿司。

美味しそうなものがあふれるデパ地下で、
散々迷って毎回これを持ち帰ってしまいます。

今回も美味しかったです。

来年早々また出かけるので、
次回は友人と新年会をしてこようと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


IMG_5920
お越しくださってありがとうございます。

師走はやっぱり忙しい。

疲労回復にはお酢~
というのはちょっとこじつけなのですが(笑)

先日、久しぶりにこちらの玉姫酢をお取り寄せしました。

京都で丁寧に作られているお酢です。

先日行ったお店で食べた酵素玄米のいなりずしには、
大量のお酢が使われていたとのことだったのですが、
本当にまろやかで、もしかしたらこのお酢を使ったのかも?
と思ったのです。
(実は酵素玄米も家で作ろうと炊飯器を購入 笑)

私がいつも購入するお店は、佐野みそさんというお店なのですが、
以前は、本店のサイトでしか買えなかったのですが、
久しぶりに見たら楽天やヤフーのショップでも
購入できるようになっておりました。

まろやか系のお酢がお好みの方でしたら、
きっと気に入られるのでは?と思っております。

早くこれで、酵素玄米いなりずしを作りたいです



 



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

IMG_5938
お越しくださってありがとうございます。

家にあったアクリルたわしをなんとなく使ったら
ミョーに気に入ってしまい、
100均で毛糸を買い早速編んでいる私です。

ちゃんと綺麗になるし、洗剤を使っていたことに
罪悪感を感じていた自分に気づきました。

ただ、扱いををあまりわかっていなくて、
殺菌消毒しようとうっかり熱湯をかけたら、
たわしがビローンとなってしまいました

調べると、熱湯消毒はアクリルたわしの
洗浄力を弱めてしまうそう。

決して編み物は得意ではないですが、
その単調な作業が性に合うようで楽しすぎて
一気に二枚も編んでしまいました。

編んでいるときって、瞑想状態になるのか心地よいのです。
(瞑想は苦手ですが 笑)

ちなみに、私の母は手先が器用なので、
機械のように綺麗に編みます。

似なかったのが残念です。

でもへたっぴぃなりに楽しんで編み物します。

冬の楽しみがひとつ増えました

ちなみにこれは、10年ぐらい前に編んだもの。

お花は母作です。
IMG_5936

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


IMG_5916
お越しくださってありがとうございます。

最近高カカオのチョコにはまっております。

少し前まで、アンチ高カカオ派だったのですが、
なぜか突然好んで食べるようになり、一気に86%。

朝起きてすぐから始まり、仕事の合間などこまめに食べています。

効果はまだわからないけど、小腹が空いた時に良いので
少し続けてみたいと思います。

本当は、チョコレートにこだわりたいのですが、
すぐに手に入らないので、しばらくは手に入りやすい
チョコレート効果で。お値段もリーズナブルだし。

実はチョコレートって、触れてみたい世界のひとつ。

足を踏み入れたら大変なことになりそうなので、
まだ手をだしておりませんが・・・

コーヒーやワインがそうであったように、
これを機に、無理なくチョコレートと仲良くなっていけたら
良いなぁと思っております。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




IMG_5928
お越しくださってありがとうございます。

アメリカでは月ごとの満月の名前が決まっていて、
12月の月をコールドムーンと言うそうです。

この10年ぐらいで、おそらく昔とは違った意味で
月に関心が行くようなってから
色々な呼び名が飛び交うようになりました。

今年の12月の満月も雲一つない晴天の満月。

12月の満月を見ると、満月の日を選んだかのように
旅立って行った、月を愛した友人を思い出します。

彼女が旅立って確か今年で4年。
彼女が去ってから、12月の満月は
毎年雲一つない輝く満月。


たぶんきっと旅立ちを決意した彼女の腕を
最後につかんだのは私。

でも、引き留められなかったのも私。

彼女の腕をつかんだ時、彼女は私に言った。

私はきっとあなたを傷つけてしまう。

その鬼気迫る表情に、私は一瞬たじろぎ身の危険を感じ
恐怖さえ覚えた。

けれど、それでも何か最後の救いを求めるように、
私のもとを訪れた彼女を
なんとしてでも引き止めたかった。

それで泣きながら必死に腕をつかんだ。

行って欲しくなかった。

自分を追い込むほど、彼女は優しい人だったから。


失ってしまったことへの辛さや悔しさ、
怒りや悲しみはあっても、後悔はしていない。

だって彼女が選んだことだから。

彼女は、お月さまが子供のころから大好きだった。
十五夜は一年で一番好きなイベントだったと、
無邪気に話していた。

彼女が旅立った日。

空には、真ん丸のお月さまが輝いていた。

彼女は月に還ることを選んだのだと私は思った。

でも、バカだよ・・・

12月の満月は、きっと彼女からの最後のメッセージ。

私を忘れないで

私は今年も、12月の月を見上げあなたを想っています。

あなたの魂が癒されていくことを祈りながら・・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ