わたしいろのまいにち

My color My Life

2018年12月

IMG_2157
今年のお歳暮おのおすそ分け。BEER♡
しかもエビスのマイスターの瓶とか、
一番搾りプレミアムまであってラッキー

現在我が家、ビール系だけでもこのほかオーガニックビールに
淡麗グリーンラベル、サッポロクラッシックなどあり
充実しまくっております。

その他スパークリングワインに、赤ワイン白ワイン・・・。
(どんだけ酒飲み)はっきり言って一人暮らしの量じゃない

お正月お酒飲み放題です

それにしても年末って、今年は何もしないって決めても、
物入りなんでしょうねぇ

今日も仕事帰りに、お正月のお花やら、予約したパンをはじめ、
同じく予約した、地元酒造の搾りたての酒かすを取りに行ったり。
後でアップしますがオトナミューズの付録欲しさに本屋にも走り(笑)

お正月は冷え込みそうなので、灯油も補充。
これを仕事帰りに全部回って一度荷物を家に置き・・・

ついでだからと実家に酒かすやらパンのおすそ分けを持って行ったら、
母が脱衣所が寒くてお風呂に入れないとのこと。
自分で出かけるのがおっくうそうなので、その足で電器屋さんに連れていき、
ヒーターを購入。

店に向かう途中にお正月用に煮豚をリクエストされ、
帰りがてら今度はブロック肉を買いにスーパーへ
4時に宅配の再配達をしていたので、大急ぎで買い物して帰宅。

なんとか5分前に帰宅したら、いつも指定猶予時間のギリギリに来る
〇うパックが今日に限って時間前にくるという。
早くて助かったけど、あと少し帰っていたら明日に持ち越しされるとこだった

そんな感じで、仕事上がりから4時過ぎまでお昼も食べずにぐーるぐる

でも途中でちゃっかりお昼ご飯は買っておりました。
それがこちら。
なんだかわかりませんが(笑)ざ・家庭料理のお弁当屋さん。
いつもは閉まっている時間にまだ開いていたので思わず立ち寄っちゃいました。

胸肉のから揚げ、ウインナー揚げ(かじっちゃってるけど)
大根きんぴら、卵焼き、白菜の炒め煮、こんにゃくの煮物、大根葉の炒めもの。
こんなに入っていて250円
IMG_2156
これだけ身体に優しいおかずが入っていて250円なんてありがたいのに、
お店の奥さんが早く帰りたいからと(笑)この他に、
白菜の炒め煮と大根のきんぴらを別パックで販売していたものを
オマケしてくれました

帰宅して片付けしたら、もうすっかりお夕飯の時間だったので、
これをお夕飯にしました。

その後やめればいいのに、今のテレビで初のダビングに挑戦。
これでまた大苦戦して、現在に至るという感じ。

でも明日が休みだと思うと、まだまだ今日中にやれることがある気がします。

と言う感じで、家にはいるけれど休暇に入っても
やっぱり落ち着かなそうな私です。

目まぐるしくて、読んでいる方も疲れさせちゃうかしらん?
ごめんなさい

でも本人、実はぐったりしながらもこんな状況を楽しんでいたりします

と言うことで、今日はこんなかんじ。


今日も応援よろしくお願い致します

前回までのお話はこちら→⑩⑪

お祓いをしてくれたオーナーからは、再就職も神がサポートすると
言われておりました。

36歳からの就職活動は、人生で初めて年齢の壁を感じる厳しいものでは
ありましたが、奇跡的に今の職場に就職が決まりました。

採用の経緯はこんな感じでした。

ハローワークで紹介された会社を数社落ちた後、
今の職場の関連施設の期間限定事務職員の面接を受けました。

結果は不採用。

ところが、その不採用になった職場から今の職場で事務のパートを
募集しているので、情報を提供してよいかと電話が来たのです。

職場は地元でも名の通った病院。
関連施設を含め面接を受けたどの職場よりも知名度がありました。

パートでもなんとか入職できれば、道は開ける。
両親も安心するのではという気持ちもありました。

その後、面接をしたいという連絡が来てすぐに面接。
当初時給制の半日パートという条件が提示されていたのですが、
いざ行って面接をすると、その場でなんとフルタイム、
月給制で働いてみないかとの提案が。
産休要員ということで期間限定職員扱いとは言え、
仕事が認められれば、正式採用の可能性もあるとのこと。

信じられない展開でした。


実は私が採用された課で、先ほども書いた通り産休の人がいたのですが、
人の補充をせずに乗り切る予定だったらしいのです。
ところが、どうにも仕事をこなすのが難しくなり、
人を採用したいが募集すれば事務員の募集は人気があるので人が集まりすぎる。
人選する時間もない・・・

そこにちょうど関連施設で面接があり、
惜しい人材を不採用にしたという情報が伝わったらしいのです。

多くの募集があった中、私は最終選考の3人まで残っていたらしく、
不採用となったもう一人とともに履歴書が病院に送られ、
所属課長が書類を見た段階で採用がほぼ決定し、面接に至ったということでした。

就職してずいぶん経ちますが、こんなケースはその後全くありません。
半年間期間限定職員として働いた後、私は正規職員として採用されます。

その後聞いた話ですが、関連施設で採用となった人は、
正規の職員になることはなかったそうです。

そう考えても、奇跡的で神がかった再就職でした。




何とか年内に一区切りつけることができました。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

お財布を忘れて出勤したものです。

これで帰りの寄り道計画は断念し、今日は大人しく帰宅することにしました。

帰宅して、レンチンパスタでお夕飯。
その後録画してあったドラマを見てから、ガスコンロを掃除。

去年ガスコンロを買い替えた時に、
10年以上使ったガスコンロのすさまじい油汚れを見てから、
毎日クリーナーで掃除するようにしていたので、それほど汚れはないのですが、
年末なので、マジッ〇リンなども使ってすこし丁寧に。
そしたらなかなか綺麗になったので、
ついでに冷蔵庫にも手を伸ばしたくなったり・・・
(今日は途中でやめたけど)

今年は年末掃除やめようかと思いましたが、
大物を捨てたり、やっぱりなにかやらずにはいられないですね。


さて、今年の仕事もあと半日です。
ふつうに仕事してるので、年賀状のメッセージ書きつつも、
全然年末感ないし、なぜか今年は毎年作ってる
なんちゃってプチお節を作る予定もなくお正月感ゼロなのですが、
明日の仕事終わりに、お正月の花など調達してこようと思っています。

ここのところ二日間連続でのんびり一人で過ごす時間がないので、
それを実現したかった冬休みですが、この調子だと、
何やら色々手を出して、バタバタ年明けを迎えちゃいそうな予感です。

とりあえず、明日の仕事が終わらないことには落ち着かないので、
終わったら考えることにします。

と言う、今日はだらだらとしたつぶやきでした。


今日もお越しくださってありがとうございます。
ぽちりと応援していただけると励みになります

前回までのお話はこちら→⑩⑪

お祓いが終わると、死ぬことが怖くなりました。
顔には血色が戻り、一時のどす黒い顔は生気を取り戻し始めました。

ですが、その存在が短くない期間自分のそばにいたという代償は大きく
生活はすでに立ち行かなくなっておりました。

私は社会人になって初めて、両親に頼らざる終えない状況に
追い込まれました。

私の家は、以前も話した通り厳しい家庭で、
何とか説得して、セラピストの仕事での独立を認めてもらえたものの、
家族内では相変わらず肩身の狭い思いをしていました。

私はセラピストという仕事に使命感を持っていましたが、
同時に、この仕事を成功させて父を見返すという
相反する気持ちもありました。
正直に言えば、当時の私にはセラピストとして有名になりたい
という野心もありましたし、それが自分には出来るという、
思いあがった気持ちがありました。

こんなのでうまくいくはずがないですよね。
そしてこのお仕置きともいえる出来事。
(それにしてもかなり厳しいものではありましたが)

お祓いをしてくれたオーナーからは、

まず、生活を立て直しなさい

と言われました。ごくごく当たり前の話です。
自分の生活がままならない人間が、人の救済などとんでもない話です。

私は家も出ているので、家賃も払わなくてはならない。
わずかな貯金や退職金はとうに底をついておりましたので、
両親に金銭的な援助を求めました。

生きる希望を失いボロボロな私に、
父は自業自得だと突き放されましたが、
怪我からの今回のことを見て、私を不憫に思っていた母が
手を差し伸べてくれました。

生きていたくない

と泣いている私の手を握って、
そんなことを言わないで欲しいと母は泣いていました。

今思うと、なんて親不孝なことを言ってしまったのだと思います。

死ぬのは怖くなくなったものの、次々と自分に降りかかる出来事に
疲弊しきっていた私は、再び立ち上がる気力を失っていました。

ですが、この出来事で母に愛されていたということを
知ることが出来ました。

母に二度とこんな言葉を言わないように、
幸せな人生だと胸を張って言えるようにがんばろう。

そういう気持ちになれました。

母の愛を知り私は再び立ち上がれたと言っても過言ではありません。

どんなにつらい経験でも得るものはあって、
母の愛情を確信できたということは、何事にも代えがたい
私の生きる支えになったのは事実です。

親に愛されているということを知ると知らないでは、
人生は大きく違うものだとこの時知りました。

子供にとって親は絶対で、親の愛の力に勝るものはないという気がします。

35歳を過ぎてからでしたが、このことを知ることが出来た私は
幸せだと思いました。



年末までに一つの区切りをつけたいと毎日更新しています。
よろしければ応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

IMG_2149
お夕飯。今風オサレサンドイッチ。
もう最近、ご飯を作る気力がないので年末まで作らないことを
自分に許しました。

今日は、お正月にどうしても美味しいパンを確保したい
と思い立ち、(正月にパンてよくわからんが 笑)
仕事帰りお気に入りのパン屋さんに行きました。

個人経営のこじんまりしたお店なので、もしかしたらもう年末のお休み?
と思いつつ寄ってみたらやってた

けど・・・

お店は店じまい寸前。(すでに戸締り中だった 笑)
店主と目が合って、パンが棚に全くなかったので、
車の中から「もう終わり?」と身振り手振りで伝えると、
まだ少しならあるとのこと。

せっかくだからと寄ってみると、フランスアンパンとスコーンとメロンパンが。
本当にほぼない(自家製天然酵母のお店なのでハードパンが美味しいお店なので)

とりあえず、一つずつください。とお願いすると、
店主から、「サンドイッチはいかがですか?」とおススメされる。

冷蔵庫を見るとサンドイッチが二種類。
ローストポークもキャロットラペもおそらく自家製とお見受けしたので
夕飯用に購入。

オマケのパンをひとついただき、年末ぎりぎりまで営業しているとのことなので、
バケットとハードパンを数種予約して帰ってきました。
帰りに予約しすぎたと気づいたけど、年末だからまぁいいかと思い直す。
はっきり言って買いすぎ(笑)ま、今ストックのパンがないのでよしとします。
今日買ったパンは明日のお昼にしようっと


職場でもちらほら年末の挨拶が聞かれ始めました。
今年も終わるんですねぇ。全然そんな気しないけど

とりあえず、明後日までは仕事なので気を引き締めて
がんばるっす。

明日から大寒波が来るとか?
みなさまも楽しい年末年始のために、風邪などひかないよう
お気をつけくださいね


今日もお越しいただきありがとうございます。
応援よろしくお願い致します

↑このページのトップヘ