わたしいろのまいにち

My color My Life

お越しくださってありがとうございます。

今日は細かい掃除は半ばあきらめて←おい
とりあえず見た目を取り繕う方向に転換(笑)

年末年始は、ドラマが集中してるのでテレビのハードに
撮りためた映像をディスクに落とす作業もしておりました。

なかなか平日は出来ない作業なので。

そんなことをやっていると家にいても全然飽きない。

途中実家にちょっと用事があったので行ったり、
追加で購入したディスクをコンビニに取りに行ったり。

今のところ全然家でぼーっと出来ていない・・・。
普段できないことが出来てこれはこれで嬉しいのですが

そして今日は、やっと寝かせ玄米に取り掛かれました。

寝かせ玄米が炊きたくて、先日炊飯器を買ったまま
開けてもいなかったのです。

有機栽培のお米と小豆も生協で取り寄せておき、
今日それらを洗って6時間浸水させ、圧力鍋で炊いて、
やっと寝かせに入りました。
FullSizeRender
寝かせ開始の図。

炊飯器はリーズナブルだけど可愛く機能充実のアイリスオーヤマさんのもの。
玄米は2合程度しか炊けませんが、保温専用で使うので3合炊きで充分。
ポイント使ったので、3,000円弱で購入。
FullSizeRender
炊飯器を買ったので、これからは米麹の甘酒も作れるなぁ♪

昨日は塩麴も仕込んだし、最近発酵?三昧です(笑)



明日は、料理納めで実家からリクエストの煮豚を作ります。
やっぱり年の瀬まで休めない(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

IMG_5996
お越しくださってありがとうございます。

朝起きてから、大掃除中。

そんな汚いところで生活してるつもりはなかったのですが、
少し前にかたづけたところが散らかってきていたり、
普段気にならない窓なんかが気になりだしたり、
来年に向けて、冷凍庫や食品棚の整理をしようとか・・・。
ベランダの植物たちのメンテナンスもしてみたり。

色々やっているつもりなのに、まだこの時間で台所さえ片付いてないという。
トホホですでも自分なりにやり切らないと落ち着かないので、
逃げ恥見ながら、お掃除がんばります。


写真は、今朝仕事しながらアラジンストーブで焼いた焼いも。

今シーズン初焼いも、美味しかったです。

さ。すっきり新年迎えられるようにがんばろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お越しくださってありがとうございます。

この一週間本当にきつかったですが、
何とか年末の休暇に入りました。

仕事を終え、予約しておいたお正月の切り花を取りに行き、
洗車をして帰宅。その後美容院へ。

髪の毛には、古いエネルギーが宿るというので、
今年のエネルギーしっかり切り離して参りました。

といっても、なかなかの疲労で、
今日取り掛かりたかった掃除には手をつけられませんでしたが。

お夕飯だけ作ってビールを一本飲んだら酔っぱらってしまい、
ちょっとトホホの連休突入です。

この年末年始は本当に実家に行くぐらいしか
予定を入れておらず、引きこもり予定。

好きなドラマの再放送も始まっているので、
引きこもっても楽しそうです。

掃除がちょっとおっくうだけど・・・(笑)
明日になったらやる気が起きるかな?
このままではどうやっても気持ちよく新年を
迎えられそうにないし。


今年はなんだか除夜の鐘の音が問題になっていて、
とりやめになったり、昼からなんてところが
増えているようですね。

世知辛い世の中と申しますか・・・
人の心の余裕のなさが心配になります。

きっと疲れすぎていて、鐘の音にさえいら立つ人が
多いのでしょうか?
私は、除夜の鐘の音が聞こえてくると
心が落ち着いたり、今年も終わるんだなって感じがして
ありがたく感じるので、こんな風潮が残念で仕方がありません。

そんな余裕がない時こその除夜の鐘だと思うのですが。
そのイライラ、鐘の音で祓ってもらった方がいい。

色々しんどい世の中になっていて、
神社にはお参りする人が増えているのに、
除夜の鐘はダメってね・・・
虫がが良すぎないでしょうか?

お寺と神社は違うかもしれないけれど、
どちらも昔から人々の心のよりどころであったことは
間違いないはず。

メディアが、そういった苦情を取り上げるのも一つの要因かも?
それを見て面白がってクレームを出す人もいる気がします。


というか、そのニュースを見て便乗したり、
踊らされたりする人がいる事態が残念。

なんで色々おかしくなってきたのかなぁと思う
年の瀬なのです。

このことを憂いても仕方がないので、
自分はとりあえず自分を回復させることが
この休暇の目的。

このつかの間の休息を満喫したいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ